矯正・顎関節症・口腔外科

歯並びや顎の痛みでお悩みの方へ

矯正治療について

矯正治療とは、矯正装置を使用して歯や顎の骨をゆっくりと動かすことによって乱れた歯並びをきれいにし、咬み合わせを整える治療です。歯並びや咬み合わせが乱れていると、見た目が良くないのはもちろん、食べかすが溜まりむし歯や歯周病になりやすくなったり、肩凝りや頭痛を引き起こしたりします。

以下のような気になる症状がある方は、ぜひ矯正治療をご検討ください。歯並びを整えて、きれいな口元と健康を手に入れましょう。

乱れた歯並びの種類

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
上下顎前突
(じょうかがくぜんとつ)
上の歯が前方に突き出した状態。いわゆる「出っ歯」です。歯の生え方や上顎に問題があります。 下の歯が前方に突き出した状態。いわゆる「受け口」です。歯の生え方や下顎に問題があります。 上顎・下顎ともに突き出した状態。歯が前方に突出しているため唇を切りやすい傾向にあります。
開咬
(かいこう)
交叉咬合
(こうさこうごう)
叢生
(そうせい)
口を閉じていても、上の歯と下の歯の間に隙間が生じる状態。うまく発音できないことがあります。 歯が左右にズレていて、前歯の中心が上下で揃わない状態。しっかり咬めないことがあります。 上の歯と下の歯が傾いて生えていて、デコボコになっている状態。八重歯も叢生の一種です。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
   
上の歯が下の歯に覆い被さっている状態です。摩擦が強くなり、歯の表面がすり減りやすい傾向にあります。    

当院の矯正歯科治療

パーク歯科の矯正治療は、矯正歯科の専門医が担当しています。小児矯正にも成人矯正にも対応していますので、ご自身の歯並びが気になる方も、お子様の歯並びが心配な方も、お気軽にご相談ください。

症例
治療前 治療後
治療前1 治療後1
治療前 治療後
治療前2 治療後2
治療前 治療後
治療前3 治療後3
  • PAGE TOP

顎関節症治療について

顎関節症とは、顎関節や咀嚼(そしゃく)筋の痛み、関節の雑音、開口障害や顎運動異常などの症状を引き起こす慢性疾患です。

当院の顎関節症治療

パーク歯科では、顎関節症の治療として以下のような治療を行っています。

運動療法 薬物療法 スプリント療法 咬合調整または
咬合再建
  • 大開口練習
  • 円板整位運動療法
  • 下顎頭可動化訓練
  • 消炎鎮痛剤
  • ヒアルロン酸 など
  • スタビライゼイション型
  • 単純挙上型
  • 前方整位型
  • ピヴォット型
 
  • PAGE TOP

口腔外科について

口腔外科とは、親知らずの抜歯や腫瘍の除去、外傷・重度の歯周病の治療など、外科的な手術を伴う歯科治療のことです。最近、注目されているインプラントも口腔外科的な手術を必要とする治療です。また、顎関節症のような関節と筋肉に関する総合的な診察にも、口腔外科的な知識・治療が必要となる場合があります。

安全性・確実性の高いインプラント治療

東京都国立市|診療予約|パーク歯科

  • PAGE TOP